霊園について

大きく3つに分類することが出来ます。

公営霊園
公営霊園は、都道府県や市区町村といった自治体が管理・運営する墓地・霊園です。
同じ地域の民営の霊園に比べると永代使用料や管理費が安く、また宗教・宗旨宗派の制限が一切なく、石材店も自由に決められるなど、利用者の自由度も高いため、大変人気があります。

メリット

  • ・自治体が運営をしているので、安定している。
  • ・周囲の民営霊園に比べると永代使用料や管理料が安い傾向がある。
  • ・宗教や宗旨・宗派の制限がない。
  • ・自分で好きな石材店を選ぶことができる。
お墓イメージ

注意点

  • ・人気が高いところが多く、抽選や先着順になることが多い。
  • ・募集期間が1年に1度というところが多い。
  • ・申込資格に、該当する自治体の継続居住年数などの条件がある場合が多い。
  • ・民営霊園の方が管理が行き届いている傾向がある。
民営墓地(民間の財団法人や宗教法人によって管理・運営されています。)
民営霊園は、宗教法人や財団法人といった民間の法人が管理・運営する墓地・霊園です。
公園を思わせるような綺麗に整備されたところが多く、ガーデニング霊園やペット可の霊園など、各霊園によって特色があります。宗旨・宗派不問の霊園が多く、区画が空いていれば購入できるなど、入手するまでのハードルが低いことも特徴の一つです。

メリット

  • ・販売数が比較的多いので、購入しやすい。
  • ・申込資格の制限がほとんどないので、誰でも気軽に購入できる。生前の購入も認められている場合が多い。
  • ・公園のように整備されている霊園や、屋内にある霊園など、霊園毎に特色があり、好みに合った霊園を探せる。
  • ・公営霊園よりも管理が行き届いているところが多い。
お墓イメージ

注意点

  • ・永代使用料や管理料が同じ地域の公営霊園に比べると高い。
  • ・「指定石材店制度」が導入されているところがほとんどなので、霊園の指定する石材店からしか墓石を買えない。
寺院墓地
寺院墓地は、宗教法人である寺院が管理・運営している霊園です。
多くの場合はその寺院の宗旨・宗派に帰依し、檀家になる必要があります。
境内にお墓があるので格式高い雰囲気のところが多く、また住職が身近にいらっしゃるので、法要の際などは安心です。また、永代供養を受けられる寺院が多いので、万が一無縁仏になっても永代に供養してもらえるのも安心のポイントです。

メリット

  • ・住職が墓域のすぐ近くにいらっしゃるので、安心感がある。
  • ・葬儀や法要などがスムーズに行える。
  • ・寺院の敷地内にあり、格式高いところが多い。
お墓イメージ

注意点

  • ・ほとんどの場合、その寺院の檀家にならなければならない。
  • ・定期的に本堂の修繕費などで寄付を求められる場合がある。
  • ・改葬などの際に離壇料をせびられることがある。
  • ・「指定石材店制度」が導入されているところが多い。
  • ・他宗教、他宗旨・他宗派は利用できない。

お墓の種類

一般的なお墓
一つ一つのお墓が区画ごとに分かれている、多くの方が「お墓」といえば思い浮かべるタイプのものです。一区画のお墓は外柵を設置することで隣のお墓との境界として区別しています。
芝生墓所
広い芝生を敷き詰めたスペースに、一定の間隔で墓石を建てるタイプのお墓です。欧米はこのスタイルのお墓が多く、外国映画などで見たことがある人も多いと思います。
日本の場合は地下に遺骨を納めるカロート(納骨室)を設置するため、はじめから区画が決まっています。一般的なお墓のように外柵などは設置せず、また、外観を考慮して墓石の大きさや形などがある程度決まっていることが多いです。
壁墓所
高さ1メートル程度の墓碑が壁のように並んでいるお墓です。コンパクトにまとまっており、比較的安価に購入できることから人気が出てきている形式です。ただ、まだ数が少ないため、なかなか見かけることはないかも知れません。
ご利用にあたっては、生垣や外柵などの設置ができないなどの制限があるケースが多いので注意が必要です。
永代供養墓
承継者がいない方やお墓にあまりお金をかけたくない方が増えてきたことから登場した、お寺が責任を持って永代に供養を行ってくれるタイプのお墓です。ライフスタイルの変化する昨今、とても需要が高まってきています。
納骨堂
室内にご遺骨を納める形のお墓です。最寄り駅から徒歩圏内にあることが多く、アクセスしやすいことや、天候や季節に左右されずにお参りできることなどが特徴です。
ただし、決まった年数が経過すると合祀されるところがほとんどで、合祀されてしまうとご遺骨が戻ってくることはないので注意が必要です。
大きくロッカータイプと自動搬送式タイプに大別されます。
樹木葬
「死後は自然に還りたい」と考える自然志向の高い方に人気な、樹木の下に遺骨を埋葬してもらう形のお墓です。最近ではバラなどの花の樹の下に眠るタイプの樹木葬が人気です。
一時預かり納骨堂
お墓が見つかるまでの間ご遺骨を預けておけるタイプの納骨堂もあります。
行政の管理する公営霊園などでよく見られ、お墓が準備するまでの間ご遺骨を預かってもらうことができます。

墓石の形

お墓には大きく分けて、「和型」「洋型」「デザイン」の三種類があります。どう違うのか見てみましょう。

和型墓石
「お墓」といえば大抵の人が思い浮かべる形が和型墓石です。和型墓石は江戸時代から広く普及し、以来多くの方々に愛されてきた形状です。
芝石(下台石)の上に中台石、上台石と続き、一番上に棹石とよばれる、家名などを彫る石を置いた和型四段構造と、芝石を置かない和型三段構造が基本構造です。
和型墓石
洋型墓石
オルガン型などとも呼ばれるのが洋型です。洋型墓石は近年大人気のガーデニング霊園や西洋風霊園が出来たことで広く普及しました。横長で奥行きが薄く、前面に彫刻などのデザインを施しやすい形状です。洋型墓石には家名の他に「愛」や「心」といったメッセージやレリーフを彫ることもできます。
洋型墓石
デザイン墓石
お墓を自由にデザインし、形にとらわれない建墓ができるのがデザイン墓石です。故人の趣味や思いなどを表現できる、オリジナルなデザインが特徴です。世界にひとつだけのお墓を立てられるとして、近年人気が出ていますが、特注になるため価格が高くなりやすいので十分な予算を確保しておく必要があります。
デザイン墓石
カロートの構造
カロート(納骨壇)は墓石の下に設置してご遺骨を納めておく、お墓の中で一番重要な部分です。カロートの床は一部が地面と繋がっているものが多く、ご遺骨が一杯になると古いご遺骨を土に撒いて自然に返すのが一般的です。
カロートの構造は地域や霊園によって異なりますが、大きく分けて「地下カロート」と「地上カロート」に分けられます。
地上カロートは、地上に納骨室が出ているため、通気性が高く、納骨しやすいという特徴があります。しかしカロートの分だけ墓石が上に上がるので、背が高く、コンパクトな印象のお墓になりがちです。
地下カロートは伝統的などっしりと構えたお墓というイメージがあります。しかし納骨室が地下にあるため、納骨しにくく、また場所や立地によっては水はけが悪く、カロート内に水が溜まってしまうこともあるので注意が必要です。
いずれにせよ、基礎工事が必要となり、価格としては大差ありませんので、建てたいお墓のスタイルに合わせたものを選ぶと良いでしょう。
墓石の形イメージ

手続きと費用

お墓と税金
お墓の土地部分に関しては、「所有する」のではなく、「霊園から借りる」形式になっているため、所得税や固定資産税、消費税などの税金は一切かかりません。
承継する際にも、お墓は「祭祀財産」と呼ばれ「相続財産」とは区別されます。祭祀財産には相続税がかからないので、生前にお墓を購入しておくことで節税効果があります。
永代使用料
お墓を建てる土地を永代に使用する権利を「永代使用権」といい、この権利を取得するための費用を「永代使用料」といいます。お墓の土地は購入するのではなく、あくまで使用権を得る=借りるだけなので、転売や譲渡はできません。また、一度支払った永代使用料は原則として返還されません。
永代使用権を取得すると、基本的にはその後無期限で墓所の区画を使用することができますが、年間管理料を長期間滞納したり、霊園から墓地使用者への連絡がつかなかったり、またお墓を承継する人がいなくなったりすると、一定期間の告知の上で権利を取り消されてしまいます。
また、お墓の承継は親族に限らず、親しい友人などに承継することも可能ですが、霊園によっては親族に限る、などとしているケースもあるので、将来誰が承継するかも考慮して霊園を決定する必要があります。
埋葬許可証
納骨をする際には「埋葬許可証」が必要になります。これは死亡届に付随する「火葬許可申請書」を役所へ提出することでもらえる「火葬許可証」を火葬場に提出すると、火葬を終えた段階で「火葬済み」の印が押されます。この押印のある「火葬許可証」が「埋葬許可証」となるので、これをご遺骨・「墓地使用許可証(霊園によって呼び方が異なる場合があります)」と一緒に霊園の管理事務所へ提出すると、納骨が可能になります。

お墓の建て方がわかったら霊園候補を探そう!

お墓は多種多様な種類があり色も形も様々です。お墓を建てる霊園によっても建てるお墓のイメージは大きく変わります。しっかり知識をつけて良いお墓探しにお役立て下さい。

  • お墓の建て方
  • お墓選びの基礎知識
  • お墓の相場
  • よくある質問

ページトップへ